「二分間の冒険」

「びりっかすの神さま」

「竜退治の騎士になる方法」


岡田 淳 著


感想は
面白くて面白くて物語に嵌まり込んでしまいました。
主人公は3冊とも小学生なんですが
今の大人の目線から、
たまには子供の目線に戻るのもいいものだと思いました。

子供の頃にみてた大人の姿、
今の大人の姿(自分の姿)というのが改めてわかります。


「勝者や敗者にまったくこだわらない生き方」
この3冊の本は、それがどういうことなの?という
気付きを教えてくれます。

特に「二分間の冒険」はおすすめです。
めっちゃめちゃ面白いです。夢中になりますよ。
あまり上手く内容をかけませんが
とにかく面白いのでおすすめです。