先週、テレビを見てたら
たまたま流れていた歌に、ビビビexclamation ×2ってきました。

何回か聞いたことある歌だったんですけど
今まではなんとも思わなかったんです。

そういえば、昔マイミクのなかっちも
この歌のこと日記に書いてたな。

先週、聞いたときに
なかっちと同じ気持ちをかんじました。

「あれっ? この曲ってこんな歌だったっけ? 」
「10年ぐらい前に聴いてた時となんか違うような… 」
「当然、歌詞やメロディが変わるわけでもなくて… 」
「なぜ?」


なぜ今までこの歌を聞いてもなんともおもわなかったのに
突然ビビビexclamation ×2ってきたのか?


その答えも考えればかんたんでした(-_☆)キラーン

変わったのは歌詞でもメロディでもなく、
『自分』 だったんです。


歌や曲は変わってないのに以前と違う違和感を感じるのは
自分が変ったからなんだとおもいます。



今回、ビビビexclamation ×2ってきた歌は

アンパンマンの主題歌

さくらんぼアンパンマンのマーチさくらんぼです。

この歌の歌詞ってとってもとっても深いです。
子供向けのアニメの主題歌にとどめておくのはもったいない。
子供だけじゃなく大人にも聞いてほしい歌です。

ぜひ聞いてみてください。


--------------------------------------

「アンパンマンのマーチるんるん

そうだ
うれしいんだ
生きるよろこび
たとえ
胸の傷がいたんでも

なんのためにうまれて
なにをして生きるのか
こたえられないなんて
そんなのはいやだ!

今を生きることで
熱いこころ燃える
だから君はいくんだ
ほほえんで

そうだ
うれしいんだ
生きるよろこび
たとえ
胸の傷がいたんでも

あ あ アンパンマン
やさしい君は
いけ!
みんなの夢
まもるため

なにが君のしあわせ
なにをしてよろこぶ
わからないままおわる
そんなのはいやだ!

忘れないで夢を
こぼさないで涙
たがら君はとぶんだ
どこまでも

そうだ
おそれないで
みんなのために
愛と勇気だけが
ともだちさ

あ あ アンパンマン
やさしい君は
いけ!
みんなの夢まもるため

時ははやくすぎる
光る星は消える
だから君はいくんだ
ほほえんで

そうだ
うれしいんだ
生きるよろこび
たとえ
どんな敵が
あいてでも

あ あ アンパンマン
やさしい君は
いけ!
みんなの夢まもるため


作詞 やなせ たかし

--------------------------------------