イチロー名言集



ぴかぴか(新しい)夢をつかむイチロー262のメッセージぴかぴか(新しい)

の中からメーセージをいくつか紹介しま〜す。

勝負の世界、プロの世界、
結果を出さないといけない仕事をしてる人には必読のバイブルですよ。


イチローのメッセージは野球だけでなく
トレード(株の売買)にも他のスポーツにもビジネスにも当てはまります。

トレードでスランプになった時とか、この本を読むと
不思議とスランプから抜け出せるんです。
イチローのプロ意識はさすがだなぁ〜とおもいます。
見習いたいです。


チューリップ夢をつかむというのは、一気にはできません。
  小さい事をつみかさねることで、いつの日か、
  信じられないような力を出せるようになっていきます。

チューリップ小さい事を重ねることが、とんでもないところに行く、ただ1つの道。

チューリップ自分自身が何をしたいのかを、忘れてはいけません。

チューリップ自分のやっいることは、理由があることでなくてはいけないとおもっているし、
  自分の行動の意味を必ず説明できる自信もあります。

チューリップ初心を忘れないことっていうのは大事ですが、
  初心でプレイをしていてはいけないのです。
  成長した自分がそこにいて、その気持ちでプレイしなくてはいけません。

チューリップ誰かを勇気付けようとしたものでもなく、自分を満足させようとした結果、
  世の中の人に何かを感じてもらえて、楽しんでもらえたわけです。

チューリップ人とちがう事をやるというのが僕の基本ですから。

チューリップ自分が作りあげてきたものを崩すわけにはいきません。
  自分の技術を支えている気持ちがきれると不安が出ますから、
  それだけはしてはいけません。

チューリップ常に先の事を予測する習慣をつけることは、大事だとおもいます。

チューリップヒットを1本増やしたいとポィティブに考えるのです。
  そう思っていれば打席に立つのが楽しみになりますよね。

チューリップ何かを達成した後は気持ちが抜けてしまうことが多いので、
  打った塁上では「次の打席が大事だ」と思っていました。

チューリップ勝ちパターンにはまらないと勝てないチームには限界があります。
  いろいろな場面や展開に対応できればチームとしての幅が広がります。

チューリップハイレベルのスピードでプレイするために、僕は絶えず体と心の準備はしています。
  自分にとって一番大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです。

チューリップ1試合1試合ベストをつくしましたし、
  準備を怠ったことはなかったとおもいます。

チューリップ自信がなくてグラウンドに立つことはまずないでしょう。

チューリップまッさらな試合に先頭で望むバッターが
  あきらめて打席に立つことなんてありえません。

チューリップびっくりするような好プレイが勝ちに結びつくことはすくないです。
  確実にこなさないといけないプレイを確実にこなせるチームは強いとおもいます。

チューリップ自分のミスによる凡打が減って前進できました。

チューリップなかなかうまくいかないことをのりこえようという自分がいて
  のりこえられたら、それは最高です。

チューリップやらされる練習じゃなければ、いろんなことが、うまくまわってきます。

チューリップ同じ練習をしていても、何をかんじながらやっているかで
  ぜんぜん結果は違ってくるわけです。

チューリップ満足の基準は、少なくとも誰かに勝ったときではありません。
  自分が定めたものを達成した時に出てくるものです。

チューリップ「達成できないのではないか?」という逆風は最高です。
  「がんばれ、がんばれ」という人がいるより、僕は
  「できないでいてくれ」と言う人がいるほうが熱くなる。

チューリップ「できなくてもしょうがない」は終わってから思うことであって
  途中にそれを思ったら、絶対に達成できません。

チューリップ結果が出ず、その原因がわからない時は不安になった。

チューリップいろいろな怖さを知って、その怖さをのりこえて、
  自分の技術を確立して残した数字は重みがちがいます。

チューリップ苦しい事の先に、新しい何かが見つかると信じてます。


チューリップ「そう思わないようにする」というなら
  「そう思ってしまっている」ということです。


チューリップどんな状況でも一定のラインをクリアするのがプロですから。


チューリップヒットが出ない試合が続いていて
  次の1打席目でもヒットがでないと、
  今日もダメかとおもってしまう人が多いと思います。でもそこが大事。
  きっかけをつかむために、次の打席も集中する自分でないと、まずいですね。

チューリップ僕の中のスランプの定義というのは、感覚をつかんでいないことです。

チューリップ自分達のペースで試合をできないという状況なら、
  いくら力を持っていても負けてしまう可能性があるわけです。

チューリップどうやってヒットを打ったかが問題です。
  たまたま出たヒットでは、なにも得られません。

チューリップピッチャーの決め球を打つのか、甘い球を待って打つのかで、
  バッテリーに与える精神的影響は、ぜんぜん違ってきます。

チューリップ練習で100%自分を作らないと、打席に立つことはできません。
  自分の「形」をみつけていないと、どん底まで落とされます。

チューリッププレイをみるだけで、なにを語ろうとしているかわかる選手は
  かっこいいとおもいます。

チューリップモチベーションは野球が好きだということです。

チューリップ打線が苦しい時には、守備とか走塁で流れを作るのが野球の基本です。

チューリップ結果を出せないと、この世界ではいきていけません。
  プロセスは野球選手としてではなく、人間をつくるために必要です。

チューリップ打ち続けなければクビだし、プロは勝ち続けなければなりません。

チューリップ自分のベストを更新していくというのは、したいことでもあるし、
  しなくてはいけないことです。

チューリップ突出した実力者になるには、長い間、安定した成績を残さないといけません。

チューリップアマチュアではないので、勝つことだけが目標ではありません。
  プロとして自分がどういうプレイをするのかがすごく大事です。

チューリップ他人が思う成功を、追いかける必要はありません。

チューリップ勝負の世界っていうのは、結果をださないとものを言えない世界ですから。

チューリップ実戦でないとできないことがあります。一瞬の判断は、練習では養われません。

チューリップバッターには、積極的に打とうと思う体と、我慢する体の両方が要ります。

チューリップ考えて実行して見せてやることの効果は大きいです。




【イチローの凄さのまとめ】


ハイレベルのスピードでプレイするために、僕は絶えず体と心の準備はしています。
自分にとって一番大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです。
1試合1試合ベストをつくしましたし、
準備を怠ったことはなかったとおもいます。
自信がなくてグラウンドに立つことはまずないでしょう。


基本といえば基本ですが、
シーズンを通して当たり前のことを当たり前にできることが
イチローのすごさだとエンジェルカズキはおもいます。



最後にイチローが少年野球の子供達に話した言葉です。
子供がいたら話してあげたいです。



チューリップ自分の思った事をやりつづけることには後悔がありません。
  もし、それで失敗したとしても後悔は絶対にないはずですから。

チューリップ何かをしようとしたとき、失敗をおそれないでやってください。
  失敗して負けてしまったら、その理由を考えて反省してください。
  必ず、将来の役に立つとおもいます。

チューリップ僕からみんなへのおねがいです。
  みんなもぜひ、重要なポイントが来た時に自分の意志で何かを
  決めれるような大人になってほしいとおもいます。