カジノはv( ̄ー ̄)v






まず韓国レポート

まず、ご飯、

何を食べても、何を注文しても、
必ずおまけにキムチがついてきます。
そしていつもテーブルいっぱいに
小皿が並ぶのには\(◎o◎)/ビックリ!!


プルコギ(日本でいえば、すきやき)を頼んだとすると

出てくるのは 

メインのプルコギと石焼ご飯のほかに 
 
@ ニラの辛いの Aキムチ(白菜)Bキムチ(大根)Cキムチ(きゅうり)D水キムチ(辛くない大根)
E いかの塩辛 F 韓国風味噌汁 Gもやし H ほうれん草 I小魚 J大根と人参の酢もの

小皿が11種類も出てくるんです。
それも人数分出てくるので2人で行くと
小皿だけでテーブルの上に22皿。しゅご〜い。

今回の旅行の目的の1つだった
宮廷料理は、50種類くらい料理が出てきました。
食材にしたら300種類は使ってるだろうなという感じでした。
1時間半、食べっぱなし。確かに美味しかったです。
体によさそうな物ばかりでしたけど
こんなにたくさんの料理を毎日たべてたら、
間違いなく糖尿病になるなと・・・・・
朝鮮時代の王様達が短命(平均寿命40歳)だったのは
このせいかと思ってしまいました。

それと、韓国は、箸は箸でも鉄箸です。
割り箸じゃないんですよ。どこに行っても鉄です鉄。
紙袋に割り箸のように入ってるところもありましたけど
中身はやっぱり鉄箸でした。



チャングムテーマパーク

テレビでみたいろんなシーンのセットがそのまま残ってて
おーおーおーここはここは、みたみた、覚えてる、覚えてる、
ここやったんか〜の連続。説明しきれないほど広かったです。

チャングムの誓いのNG集や出演者のインタビュー(翻訳)を
収録したDVDをお土産で買いました。
最終回が終わってから見ようとおもいます。



マッサージ

基本コース
(韓国式サウナ、お風呂、アカスリ、
オイルマッサージ、きゅうりパック、)

オプション 
(全身マッサージ、腸マッサージ)

1店舗で上のサービス全て2時間半ぐらいかけてしました。
とても気持ちよくて体重も減ってすっきりでした。
ただ、しいて欠点を言えばサービスをしてくれたのが
綺麗なお姉さんでなく、おばちゃんでもなく、
すべて一人のヒゲ面のサングラスかけたおじさんでした。
男の人にアカスリされたのは初めてででした。




そしてそして、カジノ   ウォーカーヒルカジノ


まず結果報告

カジノ用に持っていったお小遣いが
2倍になりました。 v( ̄ー ̄)v


1日目、ルーレット

目的だった、バカラが、満席だったので
仕方なくルーレットをしました。
ルーレットはオーストラリアの時と同じやり方で挑みました。
賭けかたは全然来てない3倍になる目を資金を増やしながら
狙い撃ちしていくやり方。でも、それだけだと、
マカオの時のようにかなり危険なので、もう1つ、
3倍になる同じ目が4回続けてきた時に
残り2つに同時に、かけていくやり方を混ぜて勝負。
賭けかたは、ヘッジを混ぜたり複雑なので
あまり上手く説明できませんが、
少しだけプラスで終われました。
かなり運に救われたのが正直な感想です。



2日目、バカラ、トントン 


3日目 バカラ 

賭けはじめていきなり神がかり的な15連勝!!!!
10連勝ぐらいしたときから、
自分でも怖くなりました。
こっちが2でも相手が1だったり
相手が8でも、こっちが9で勝つんですから、
強運だったとしかいえません。
隣のおじさんは、8連勝ぐらいの時から
私の連勝に気づいたようで、
私の賭けるところに真似るようになりました。
ついてる人に乗れと言うことですね。
15連勝の後は勝ったり負けたりでしたけども
最初のチップ20枚が40枚になったので終了しました。
結果、賭けた回数は34回で27勝7敗でした。
         


この日記読んでくれてる人にバカラで私がした戦略をお教えしますね。


それは大数の法則を利用すること。
1/2の確率のものは回数を重ねれば必ずその確率に近づく。
(たとえば100回した時に勝ち40回、負け60回でも、
1000回すれば勝ち500回、負け500回に限りなく近づく)

ようするに
必ず、上にも、下にも、ぶれる時があるので、
上にぶれた時に辞める。
下にぶれても、普通にしていれば元に戻る。

この作戦で挑みました。でも2日目はトントン。
そこで考えました。なぜだ〜〜〜???
わかったこと、バンカーに賭けて勝った時は5%支払う。
これが曲者だ。
じゃ、完全に1/2の確率のプレイヤーだけに賭ければいいんだ。
それに、賭ける枚数を増やしたり減らしたりしたから、苦戦をしいられた。
トントンに戻した時に疲れはててしまった。
(注意)
賭ける枚数を極端に増やしたり、減らしたりしたら
リスクが高くなるだけなのでこの戦略は使えません。

そして、作戦(ルール)は賭ける枚数は1枚に統一。
×○と来たときだけ○に1枚賭ける。
(バンカーWIN、プレイヤーWINとなった時だけ
プレイヤーに賭ける)

X○○となったら また、X○になるまで待機。
×○○が4回続いたら
(4連勝したら)×○×になるまでしない。
簡単に言うと1回外れるまで待つ。
そして次に×○となった時にまた○に賭ける。

このやり方で20枚のチップが40枚になりました。


他に○(プレイヤーWIN)が来た時に×が来るまで
○に賭け続けるやり方でもいいと思います。
無茶な賭け方をしない限り、
○が8回連続来た時もありましたから
上にぶれる時に勝ち逃げできると思います。

とにかく、ルールを決めれば
自分を見失わなくてすむのでお奨めです。


最初からいっぺんに20枚賭けたら
1/2の確率ですぐ40枚になるんですけど
1/2で退場です。こういう賭け方は
ギャンブルで興奮して凄く楽しいんですけど
今回の目的は必然的に勝って
マカオのリベンジをすることでしたので、
コツコツいきました。





カジノのまとめ&感想

ルーレットは恐ろしい位に
カジノ側の資金元になっている。

1日目にルーレットを
4時間くらいしてて気づきました。
私以外に同じテーブルで50人以上、
観光客がかわるがわるルーレットで遊んでましたけど
全員、換金した全てのチップを負けて去っていきました。
遊びで楽しむのが目的ならそれでいいんですが・・・
誰一人、勝ってる人がいませんでした。
人の回転が速い速い。まさにお金回収ゲームといった感じ。
ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!●~*ヒイィィィ!!(>ω<ノ)ノ



それに比べてバカラのテーブルは
遊んでる人がほとんど回転しません。
これは、大勝ちもせず、大負けもせず、
長く遊べてると言うことです。

ルーレットは0と00が来たら、
そこに賭けていない限り掛け金没収。
超、スーパー曲者です。
でもバカラはタイ・引き分けは
そのまま、掛け金が戻ってきます。

この違いはものすごく大きいです。


ただ、例外的にバカラで大負けしてる人が
私のテーブルに1人いました。
何回もサイフから追加追加で換金し、
結局スッカラカンになって去っていきました。

なんで、確率1/2のバカラでそんなに負けれるのか?
観察してしまいました。

まず、1回1回、勝った負けたで、
机をたたいたり、声を出したり興奮してました。

毎回、バンカーに賭けたり、プレイヤーに賭けたり、
タイ(引き分け)に賭けたり
賭ける枚数もバラバラ、すべて、感情的でした。

連敗した時に、一気に挽回しようとして
タイ・引き分け(9倍)に何枚も賭けてたり
感情的に倍倍法みたいなことしてたら、
そりゃ負けますがな。

別にどこに賭けてもバカラは確率的に
そんなに不利ではないからいいんですけど、
やっぱり負ける原因は、リスク管理。
賭ける枚数だけは
ちゃんと管理(把握)しとかないといけないと言うことですね。
なんか、カジノとトレードって似てるなぁと思いました。



今回の韓国旅行を一言でまとめると、
カルビ、石焼ビビンバ、宮廷料理、マッサージ、マカオのリベンジ
目的がすべて堪能できたので

       余は満足じゃ  
  
ルンルン♪ q(^-^q)(p^-^)p q(^-^q)(p^-^)p ♪ルンルン