心あったまるお話

小さな男の子はいつもおばあちゃんと
散歩に行っていました。


散歩の途中、男の子が転んで痛くて泣きそうになると
必ず、おばあちゃんは、こう聞くのだそうです。


「なに拾った?」


そう聞かれるので男の子は泣くのをこらえ
必死に道に落ちている葉っぱや石などを
探して拾い、立ち上がっておばあちゃんに見せました。
すると、
おばあちゃんはニッコリ笑って
「いいもの拾ったね」と、
頭をなでなでしてくれるのだそうです。
転ぶたびに、いつも。


やがて、その男の子は大人になった。


そして、


大人になった男の子は
おばあちゃんが教えてくれたほんとうの意味を
知るのです。

人生、転んでも、その痛みのなかで
なにかを見つけて拾い、
また立ち上がることが大事だと。