良いお話を教えてもらいましたので紹介します。
知ってる方や読んだ方も多いと思います。
ちゃんとした本にもなってるお話です。
本の題名は 『おおきな木』
(シェル・シルヴァスタイン/篠崎書林)




『 りんごの木と男の子の物語 』



ちびっこは きのみきに よじのぼり
えだに ぶらさがり りんごをたべる。

木とちびっこは かくれんぼう。
あそびつかれて 木陰で おひるね。

ちびっこは 木が大好き・・・そう とても 大好き。
だから 木もうれしかった。

けれども ときは ながれてゆく。

ちびっこは すこし 大人になり 木は たいてい一人ぼっち。 

ところが ある日 その子が ひょっこりきたので 木は言った。
「さあ 坊や 私の幹に おのぼりよ。 私の枝に ぶらさがり
りんごをお食べ。 こかげで遊び 
楽しくすごして おゆきよ 坊や。」

すると その子は
「ぼくは もう おおきいんだよ きのぼりなんて おかしくて。
かいものがしてみたい。
だから おかねがほしいんだ。おこづかいを くれるかい。」
木は言った。
「こまったねえ。わたしにお金はないのだよ。
 あるのは はっぱとりんごだけ。
それじゃあ 坊や 私のりんごをもぎとって 
町で売ったらどうだろう。そうすれば
おかねもできて たのしくやれるよ。」

そこで その子は 木によじのぼり 
りんごをもぎとり みんな持っていってしまった。

木は それで うれしかった。

だが それから その子は ながいあいだ こなかった・・・
木はかなしかった。
ところが ある日 その子がひょっこり 
もどってきたので うれしさいっぱい
からだをふるわせ 木は言った。
「さあ 坊や 私の幹におのぼりよ。
わたしのえだに ぶらさがりたのしくすごしておゆきよ 坊や。」

「きのぼりしている ひまはない。」
おとなになった その子は 言った。
「あたたかな いえが ほしい。およめさんがほしい こどもがほしい。
だから家がいる。ぼくに 家をくれるかい。」

木が言った。
「わたしには 家はないのだよ。この森が わたしの いえだから。
だけど、私の枝を切り 家をたてることは できるはず。
それで たのしく やれるでしょう。」

そこで おとこは
枝をきりはらい 自分の家をたてるため みんな持っていってしまった。

木は それでうれしかった。

だが おとこは
また ながいあいだこなかった。
そして おとこがひょっこり もどってくると 木はうれしくて 
ものも いえないほどだった。
「さあ 坊や」 木はささやいた。
「さあ ここで おあそびよ。」 

おとこは言った。「としはとるし かなしいことばかりで いまさら 
あそぶきもちに なれないよ。
ふねにのって ここからはなれ どこか とおくへ いきたい。
おまえ ふねを くれるかい。」

木は言った。
「私の幹を きりたおし ふねを おつくり。 それで とおくに いけるでしょう・・・
そして たのしく やっておくれ。」

そこで おとこは 木の幹をきりたおし
ふねを つくって いってしまった。

木はそれで うれしかった
だけど それは ほんとかな。

長い としつきが すぎさって おとこが また 帰ってきた。
木は言った。
「すまないねえ。 坊や わたしには なんにもない 
あげるものは なんにもない。 りんごも ないし・・・」

「私の歯は よわくなって とても りんごは かじれんよ。」
「ぶらさがって 遊ぶ枝もないしねえ・・・」
「としよりだから えだにぶらさがるなんて むりなことだよ。」
「みきも ないから のぼれないしねえ・・・」
「とても つかれて きのぼりなんて!」
木はふっとためいきついて
「すまないねえ なにかあげられたら いいんだが。 わたしにはなんにもない。
いまの わたしは ただの ふるぼけた きりかぶだから・・・」

いまや よぼよぼの そのおとこは
「わしは いま たいして ほしいものはない。 
すわって やすむ しずかな ばしょが ありさえすれば
わしは もう つかれはてた。」
「ああ それなら」
と 木はせいいっぱい せすじを のばし
「このふるぼけた きりかぶが
こしかけて やすむのに いちばんいい。
さあ 坊や こしかけて。 こしかけて やすみなさい。」

おとこは それに したがった。

木は それで うれしかった。


-----------------------------------------


この物語が読者に訴えかけたいのはなんなんだろうか?


男の子 = 人間のエゴ?

木    = 無償の愛? 寛大な心?



最後に男の子はりんごの木の元に帰ってきた。
最後の最後になって男の子は気づいたんだと思う。
木はそれでうれしかったんじゃないかなって思います。


この物語には
もっとなにか深い意味?が隠されてるんじゃないのか?
みなさんどうおもいますか?