喜ばれるお金の使い方♪

マイミクの梵ちゃんがステキな日記を書いてくれましたので
シェアしたいとおもいます。



c(*゚ー^)ノ*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆キラキラ


今日はちょっぴり良いお話しをしますね♪

今日は『お金は応援するように使ってあげな』って話しです(*^_^*)


どういうことですかって言うと、

例えば、スーパーとか行くじゃない。

その時に牛乳が欲しいなって思ったとするよね。

例えば、今日なら、奥に10日のがあって手前に9日のがあるとかね。

そんな時は、手前のを取ってあげると良いんだよ。

わざわざ、奥のが新しいからって取っちゃダメだよ。


牛乳とかの場合、賞味期限が1日くらいずれててもそんなに味は変らないんだよね。

でも、お店としては期日が来たら、売る事は出来ないんだよ。


そうしたら、もしかしたら捨てられる事になるかもしれないんだよね。

牛乳だって捨てられるために、うまれてきた訳じゃないんだよ。

みんなに元気になってもらいたくて、きたんだよね。

なのに、期限だから残念だねじゃ可哀相じゃない。


もし牛乳に気持ちがあるとしてさ。

もうすこしで捨てられるかもしれないって時に、

わざわざ期日をみた上で9日のを取ってくれたとしたらさ、


こりゃー喜ぶよ。
みんな、よけてく中でわざわざ選んでくれたとなるとさ、牛乳だって嬉しがるよ。


普通よりも、カルシウムの吸収率をあげちゃおうかなとか、
サービスだってしたくなるよ。


その上、その場面をお金くんは見てるんだよね。

金額は同じで、捨てられてしまう確率の高い方をわざわざ選んだってのを見てるんだよね。

牛乳くんを応援してあげた、
もっと言えば、救ってあげたのを見てるんだよ。

そんなお金くんがレジに入って仲間にあってごらん。

自慢したくなるよ〜

自分は良い主人の元から来たって自慢したくなるに決まってるよ。

そうなったら、仲間のお金くんだって、

どうせ誰かを主人にする事になるのなら、
良い主人のもとに行きたくなるのが人情じゃない。

噂ってのはすごい勢いで広がるからね。

そうなったらもう、バンバン来るよ。

だから、お金は人だけじゃないよ、物だってそう。

少しでも多く喜ばれるように使ってあげな。

『梵語録 その71』

【お金を使う事になるのなら、少しでも多く喜ばれるように使ってあげな。

お金はそれを見てくれてるし、噂として広まるよ。

良い主人って有名になれば、喜ばれるように使って欲しいお金くんの方から自然と来るよ】



c(*゚ー^)ノ*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆キラキラ



エンジェルカズキは2年ぐらい前までは
スーパーで買い物をするときなど、
わざわざ賞味期限をチェックして
賞味期限が一番長い(新鮮な)ものを選んでました。…( ̄▽ ̄ i)

それは、新しい方が長持ちするし、
新鮮だし、美味しいだろうと。
買い物を頼まれる時も、いつもそういわれてましたのでそれが
普通だとおもってました。


でも斎藤一人さんのお弟子さんである
みっちゃん先生の本「斎藤一人とみっちゃん先生が行く」をよんで
反省しました。

みっちゃん先生は生鮮食品を買う時は製造年月日が古いものから
選ぶクセがあると書いてました。

普通の人は新しいものから選ぶのに、みっちゃん先生は・・・・


みっちゃん先生いわく、
「私は、売り場のすみっこで置いてけぼりになってる生鮮食料品が、
自分だったら嫌だなと思っただけでなんです。」といっています。


食べ物って生き物なんです。
賞味期限が切れてしまって、
まだ生命のあるものを捨てるのって食べ物に申し訳ないし
お店の人も困ります。
それを古いほうからもってきてあげるって
みっちゃん先生ってすごくやさしい人なんだと思いました。


この事を知ってから、エンジェルカズキは
賞味期限は見らずに手前のものから買うようにしています。
(古いものからじゃないんかい!!と今自分につっこみ、いれときます。)

でも、今日の梵ちゃんの日記を読んで、また反省しました。
これからは、賞味期限をチエックして、一番古いものから
選ぶようにします。

それはなぜか? 
梵ちゃんの日記にも書いてますけれど
お金さんに、エンジェルカズキの手元を離れていく時に
自分は良い主人の元から来たって胸をはって自慢してもらいたいからです。


梵ちゃん、いつもステキな日記をありがとうございます。