勇気 粋な集団



「長者番付に挑んだ男 風雲児 」

ドン底から長者番付のトップにまで上り詰めた
実在の企業家をモデルに描く実録サクセスドラマ。
自堕落な生活から一転、猛烈に働き始めた浅岡裕二は、
独創的なアイデアで次々と事業を成功させる。






なにげにタイトルに魅かれてDVD借りて見たんですけども
この浅岡祐二さんのセリフがめちゃめちゃ心に響きました。

ちょうど新しいことをはじめようとしてたとこだったので
心に (☆ー゚)・‥…━━━★ピキューン! でした。

これから、
何かをはじめようと思ってる人、
前に進むことを怖がってる人。勇気を出してください。

勇気が明日への道をつなげます!!



自分に言い聞かせる意味でも書いて残しておきます。
        
         ↓
---------------------------------------


誰だって、どこからだって、どんな時だって、
自分の気持ちが変われば必ず夢は叶う!!


「努力」や「才能」より、まずは「勇気」や!!

その勇気とは、まず
はじめの一歩を踏み出せるのか踏み出せないか
それを決めるのはその人自身である。



あんたは俺のことを偽善者やと言う。
けどなぁ、地震や災害などで人々が困ってる時、
黙って何もせんと見てるだけの人間と、
たとえ売名行為や偽善者と言われようとも、
それで人、一人助ける人間と、
社会はどちらを必要としてるんですか!!
自分の名を売ると言うことは、
自分の行いに責任をもつということとちゃうんですか!!



築き上げたものが壊れてもいいやないか。
そんなもの怖がってたら、前には進めんやないか!!
人生は行く道行くしかないんや!!
信じた道を進む、その前向きな姿勢が、その勇気が
明日へとつながるんや!!


---------------------------------------






【 おまけ 】

上の日記と全然関係ないですが、粋なことをする集団が・・




米メーン州で、食べられるのを待つばかりのロブスター300匹を
匿名のグループが買い取り、海に放つことになった。
天候不順の影響で品薄と高値が続く中、
10人の若者から成るグループが計約3400ドル(約40万円)を現金で支払った。
「(放しても)またすぐ捕られるよ」と話す売り手の1人に、
若者らは「いいんだ。彼らに(生きる)チャンスをあげたい」と言ったとか。